ネットスーパー・食材宅配の仕組み

ネットスーパー・食材宅配の仕組み

ネットスーパー

インターネットからの注文のため24時間いつでも注文でき、買い物を代行してもらう事がサービスの特徴となります。
好きなタイミングで必要な量を注文できる「単独購入型」です。
また、大きく分けて2種類あります。

  • 実店舗ありのネットスーパー
    普段利用しているスーパーで注文ができるため、取り扱う商品は生鮮食品から日用品と品揃えも多く、専任スタッフが売り場から商品を選び自宅に届けられるので、即日配送が可能です。また、各店舗のチラシやタイムバーゲン価格が適用されるので、購入費用を安く抑えることができます。
  • 宅配専用ネットスーパー
    配送センターを拠点とし注文されたものを独自ルートで用意し出荷する方法です。
    注文後に用意されるので、品切れも少なく鮮度の高い状態で届けられます。

食材宅配

ネットスーパー同様、インターネットでいつでも注文を行うことができたり、食材などを自宅まできちんと届けてくれるといった点は全く同じですが、食材宅配は定期購入が基本となり、決められた量の食材をまとめて購入することになります。
(一部のショップでは、商品の個別販売も実施しております)
また、大きく分けて3種類あります。

  • 生産方法にこだわった有機・無農薬野菜などを専門に取り扱う店舗
    生産者の紹介、放射線量の測定結果を公表していたりなど商品の高い品質と安全性に優れているのが特徴となります。 少し割高な点もありますが、普段入手しにくいものが手に入るのも魅力です。
    アレルギーのある方や食品に不安をもつ方におすすめ。
  • 献立が決まっている店舗
    栄養バランスを考慮された食材とレシピが定期的に届けられます。
    毎日献立を考えるのが大変な方や、栄養バランスが心配な方におすすめです。
  • その他店舗
    食材をカットし調理する直前の状態で宅配してくれるものや、レンジで温めるだけのチルド商品を宅配してくれるなど内容も様々です。調理時間を短縮したい方や、料理が苦手な方におすすめです。

このページの先頭へ